サーマクール最前線TOP > サーマクールとポラリスを比較

ポラリスやオーロラについて

オーロラ(フォトRF)サーマクール以外にも、RFを照射してたるみや小じわを改善する医療機器があります。その中で代表的なものに、イスラエルSyneron社が開発した「ポラリス(Polaris WR™)」や、「オーロラ(Aurora SR™)」があります。オーロラは「フォトRF」とも呼ばれています。

サーマクールとの違いは、ELOS™(Electro-Optical Synergy)という独自の技術により、RFだけでなく光線も照射ができる点です。ポラリスはダイオードレーザー、オーロラはA.P.L.(Advansed Pulse Light) がRFと同時に照射されます。

サーマクールとポラリスを比較

ポラリスRFと光が同時に照射されると聞くと、RF単体のサーマクールより効果が期待できそうですが、サーマクールにはポラリスやオーロラにはない圧倒的なアドバンテージがあります。それは出力エネルギーです。

サーマクールは、前頁「サーマクールと光治療との決定的な違い」のとおり、約100〜140Jの出力エネルギーで施術します。これに対しポラリスは最大で34J、オーロラは同等以下(資料不足)です。
ポラリスを説明したサイトには、「出力エネルギーは最大100ジュール」とよく書かれていますが、これは100Jではなく100J/cm³という意味です。つまり一辺1.0cmの立方体に対するエネルギーが100Jであり、この計算方法でいくとサーマクールでの122Jは205J/cm³となります。

なんだかややこしくなりましたが、簡単に言ってしまえばポラリスやオーロラは、サーマクールより弱い出力のRFが照射されるということです。弱い出力ということは、やはり皮膚の浅い層での作用です。ポラリスで約1.5mmの深さに最も作用します。
「皮膚の浅い層に弱い出力」ということは、これまた光治療と同様、1回ではなかなか効果が期待できません。数回の治療を重ねることが必要になります。(後述

治療名 サーマクール ポラリス フォトフェイシャル
照射 RF RF+ダイオード I.P.L.
効果
出力 100〜140J 最大34J 20〜30J
深さ 2.5〜3.0mm 1.5mm前後 1.0〜1.5mm
回数 1〜2回 5〜6回 5〜6回
痛み 痛い あまり痛くない あまり痛くない

以上のことから、ポラリスやオーロラはサーマクールと光治療の中間あたりか、むしろ治療プロセスや効果の出方から考えると、光治療に近いポジションであると考えられます。

高い出力エネルギーで皮膚の奥深くに到達したサーマクールのRFは、どんな働きをしているかがポイントになりますが、その前に「たるみ・しわの原因」について記述します。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!